総量規制でも専業主婦はお金を借りれる

総量規制でも専業主婦はお金を借りれる

総量規制でも専業主婦はお金を借りれる

専業主婦として子育てもしながらやりくりしていたため、お金が急に必要になったり、いくら節約や貯金をしていてもどうしようもないことも何度かありました。そのため、パートもしていませんでしたが、しっかり専業主婦もしながらカードローンかキャッシングをして少しでもお金が支払えないタイミング作らないようにしました。

 

子供の出費もそうですが、夫の洋服やスーツなど、急に汚れてしまったスーツなどを買い替えなければいけないときには特に出費に驚きました。少しでも素早く用意できるようにしていますが、お金がなければどうしようもないのでできる限り自分自身でも管理して用意できるようにしました。

 

家族の同意は得られましたが、あまり頼りすぎないようにした方が良いということだったので、夫と一緒に支払い状況などをチェックすることにしました。パートをしていればさらに借り入れもできるようでしたが、私の場合は仕事をしていると子供や家のことがおろそかになるほど大変だったので、総量規制というシステムの範囲内で利用できる金額だけにしました。

 

借入限度額は30万円で、特に何かの買い物で困ることはない金額でした。最初は原付、冷蔵庫、子どものために必要な家電を購入するのに使う程度でした。どれも金額は一括で支払いきれるものばかりではなかったので、キャッシングが利用できて助かっています。少しでもお金の都合がつけやすくなったというだけで安心です。あまり借入はしないほうが良いのはわかっていますが、少しでも負担を軽くする為には借り入れも返済もしながら、しっかりお金の管理をしつつやっていければと思っています。

 

収入があまりない主婦でも利用できるキャッシングのサービスなどを利用する場合には、あまり多くの借金ができてしまうと危険なことも多いです。できるだけ安全に借り入れを利用できるように申告する利用限度額はせいぜい多くて30万円、20万円程度にしておくと借りすぎてしまうこともなく安全に利用できます。

 

毎月の支払いも5千円で済むサービスならば資金の捻出で苦労することもないです。20万円程度の金額ならば審査に落ちてしまって信用情報に問題を残す可能性も少なく、比較的安全です。専業主婦向けのサービスでも配偶者の収入が重視されて家庭ごとの年収なども分かってしまうので個人情報の保護にも注意しておきましょう。

 

専業主婦向けのサービスを利用する場合には、10万円が利用限度額のサービスで申告すると審査が不安な場合も安心です。年収が少ない場合も10万円の金額ならばよほどのことがない限り審査に通らないことはないので、まずは利用できる状態になるためにしっかり手堅く審査に通過しておきましょう。

 

審査に通った後に増額融資の申請をすると10万円が20万円まで増やせる場合もあるので、一定の期間を経て増額できるように工夫してみるのもよいです。一度利用していれば少しずつ信用も出来上がっていきます。少しでも安全に借り入れを使用し、審査に落ちるリスクも避けたいならば増額申し込みの仕組みも活用してみてください。

 

当然専業主婦といえばパートはしていないのが一般的ですが、兼業主婦としてパートでの収入が少しでもあればその分の年収を申告できるので利用限度額はアップします。収入があれば当然信用もアップするので審査に通過する可能性も上がり、少しでも有利に借り入れができます。

 

キャッシングなど主婦では利用しにくいものでも頼れる場合があるので、工夫していきましょう。何を購入したいのかをよく考えて、必要な金額を手に入れるためには少し前からパートに入っておくのもよいかもしれません。収入はその段階では大金を稼げていなくてもよいので、収入があるということをしっかりアピールできるようにしましょう。また、パートでしっかり稼げるならば、貯金を少しずつしてほしいものを購入するような工夫もするとよいです。

参考サイト

  • 資金調達

    様々な資金調達方法の解説、事業者向けカードローンの紹介や融資を受けた体験談など。

ホーム サイトマップ